元金均等返済と元利均等返済

利息を計算するには、二つの方法があります。利息とは、基本的に元金に掛かる手数料のことを指し、元金を元にして計算します。計算方法により、返済額が大きく変わってきますので十分注意しましょう。

 

計算方法(1)元金均等返済

”元金均等返済”とは、借入金額いわゆる元金を返済回数で割り、そこへ利率分である利息を加えた金額を返済していくというものです。これは、毎月の元金返済額が一定となります。そこに利息分が合計されますので、一回の返済金額が高くなります。

 

借入金額に対して利息が掛かるという計算ですので、こちらの返済方法ですと、支払うごとに利息も減っていきます。これは、利息を計算するうえで元になる元金(借入金額)が減っていく計算方式であるため、利息が徐々に下がっていくということになるのです。元金均等返済の計算方法はのデメリットは、もう一方の計算方法である”元利均等返済”よりも返済金額が高額になるということであり、キャッシング利用をしている中でも生活にゆとりがある方が選ぶ返済方法と言えます。

 

計算方法(2)元利均等返済

”元利均等返済”とは、借入する際に毎月の返済額を決めてしまうという返済方法です。この場合の利息は、毎月の返済額を一定のものとし、そのうえで返済回数を決めて出します。返済日が決まった時点から計算しますので、返済額の変動はありません。毎月定額の返済ということは、月ごとの管理がわかりやすく日常生活に支障をきたすような事態にはならないと言えるでしょう。

 

ですが、元利均等返済のデメリットは、一方の元金均等返済での返済額よりも、ひと月の返済額が多くなるということです。これは、借入額である元金の返済額よりも利息分の返済額が多くなるということであり、利息を計算するうえで元になる元金がなかなか減っていかないために起こります。利用しやすい返済方法ではありますが、返済期間を長く持つことに抵抗がある方や、金利に長く支払いを費やすことにためらいを感じる方は選ばない返済方法と言えるでしょう。

 

この二つの返済の計算方法は、それぞれにデメリットがありますからそれぞれが持つ特性をよく理解して自分に合う返済方法を選びましょう。もしもできることならば、”元金均等返済”を選ぶ方がお得と言えるでしょう。

 

まとめ

キャッシングサービスを利用をして借入し返済をしていくうえで大切なのは、きちんと利息を考え理解して返済するということです。大事なこととわかっていながらも、実はなかなか理解していないことと言えるのではないでしょうか。

 

二つの返済の計算方法は、比べると返済額に如実に違いが出るものです。キャッシング契約の際は、短期的なものだからと軽く考えずより良い契約をしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日