保証人と連帯保証人の意味

お金を借りる時に「保証人」「連帯保証人」という言葉を聞いたことがあるかと思います。同じ保証人ですが何が違うのかをすぐ答えられない人も多いのではないでしょうか?

 

お金を借りる時に、キャッシングの際にも保証人がいるのか?保証人と連帯保証人では何が違うのか?知っておきましょう。

 

保証人」とは

貸した側が返済を求めるのは借りた本人ですが、その本人がどうしても返済できなくなった場合に返済を求められるのが「保証人」となります。借りた本人に返済能力がある限り返済を求められることはありません。連帯保証人」とは
保証人と違い、貸した側が借りた本人の返済能力に関係なく「連帯保証人」に最初から返済を求めることが認められています。

 

連帯保証人は、これを拒否することは許されていないので「連帯」の2文字で意味は大きく変わってきます。特に連帯保証人は保証人になった人もお金を借りるという意味を持つ様になります。保証人を頼む時、頼まれた時、こういったことを理解しておきましょう。

 

キャッシングには保証人は必要?

キャッシングでは通常、「保証人」「連帯保証人」は必要ありません。クレジットカード、カードローンでは保証会社が付き、消費者金融ではリスクを金融会社が背負っているので金利が高めになっています。消費者金融系では、金利が高い代わりに保証人も不要で借りやすくなっています。個人事業者、パート・アルバイト、主婦と誰でもキャッシング出来ますが、その分、自分で返済計画を立て余裕のある範囲で管理する必要があります。銀行系のカードローンでは、保証会社が付くため消費者金融系に比べると審査が厳しい部分がある代わりに金利が安い、色々なプランがあります。会社によって便利なサービスや借りやすさが違うので上手に利用しましょう。

 

申し込みから返済までの計画をしておくことで、キャッシング会社も借り手もスムーズに取引することができます。また、キャシング以外にローンという方法もあります。ローンでは、保証人などが必要になりますがその分金利が低いというメリットがあります。フリーローン、カーローン、教育ローンなど様々な目的別ローンがあり、借り入れ目的が明確な人はキャッシングではなくローンを検討しても良いでしょう。

 

  • 保証人が不要の場合は金利が高いなどのデメリットもある
  • 返済計画をしっかりとする
  • 借り入れ目的があるなら目的別ローンもある

 

まとめ

消費者金融系キャッシングは保証人も必要なく借りやすい反面、金利が高い。クレジットカード、銀行系カードローンは申し込み時に保証会社の審査があるが、ローンによっては金利が消費者金融系より安い場合もある。銀行系の目的別ローンは保証人が必要であったり保証会社の審査があり、商品によってはキャシングより審査が厳しいがその分金利が安い。この様な違いをしっかりと理解し、目的によってはキャシングよりローンを選択するということを考えておくことをオススメします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日