グレーゾーン金利は大手には存在しない

お金を借りた場合、金利が掛かるのはご存知だと思います。この金利ですが、貸したものが勝手に決められるというものではありません。実は貸金業法というものがあり、法律によって利率は決められているのです。だから、キャッシングをしたときの金利はこの法律によって上限が決まっているわけです。

 

この法律による上限はどのくらいになるのかと言うと、元本によって違いがあります。元本が10万円未満の時には年利20%が認められています。しかし、元本が10円以上、100万円未満の時には18%に制限されています。さらに元本が100万円を超えるときには金利は15%が上限となるのです。

 

このように元本が高くなるほど、金利は安くなるわけです。 ですが例外規定があり、その場合は上記の金利を越えても違法にはならないのです。その場合でも上限があり上限は29.2%とされています。最初に述べた金利とこの29.2%の間の金利がいわゆるグレーゾーン金利になるのです。

 

グレーゾーン金利の現在

実際、グレーゾーン金利を使っているのは消費者金融とは違って闇金などの業者が多いのが実情です。これらの闇金は高額な金利を取っているので有名です。しかし平成22年に上限金利が引き下げられ、20%になっています。ですから、グレーゾーン金利は実質的になくなっており、今まで高利なグレーゾーン金利を払ってきた利用者は、裁判をしたりして過払い分の返還を求めることが出来るようになっています。

 

これが今、話題になっている過払い金請求の問題です。キャッシングをする際に、重要なことは借入先です。できるだけ、しっかりしたところから借りるようにしましょう。そうすればトラブルはかなり減ると思います。審査が甘いところほど、問題のある業者が多いと言う傾向があります。ですから、そのあたりはしっかりと認識しておくべきです。つまり、審査の甘い業者は注意が必要だと言うことです。利用者も会社選びが重要と言うことですね。

 

まとめ

お金を借りた時に払う金利は法律で定められています。そのため、金融会社ごとの差はそれほどありません。また、大きな会社にはグレーゾーンの金利はありません。このサイトに載っているのは大手の会社ばかりですから高利なグレーゾーン金利は無いので、安心してください。

 

気をつけるのは、いわゆる街金などです。こうした所では、法律の上限を超えた金利を要求してくるところも残念ながらたくさんあります。だから借りいれは大手が安心です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日