延滞するとその後はどうなるか

キャッシングは多くの人にとって身近な存在です。消費者金融へ自らキャッシングを申し込む事もあるでしょうが、クレジットカードを契約しただけのつもりでもそこにキャッシング枠がついていたりしますから、借りようと思えばいつでも借りられます。また最近は銀行のキャッシュカードにカードローン機能をつけて、様々な銀行引き落とし分について、口座の残高が足りなかったら自動的にカードローンで借り入れをして引き落としに利用するという方法もあります。

 

例えば銀行引き落としまでに口座に入金し忘れてしまった時などにはとても便利な方法ですが、カードローンを利用したという自覚がないままに日数が過ぎてしまい、思いがけず返済が滞ってしまう事もあります。では、これらのようにキャッシングを延滞してしまったらどうなるのでしょうか。

 

延滞すると督促がある

返済日を過ぎても支払いがないままになっていると、借り入れ先からの督促が行われる事になります。消費者金融であればまずは電話やメールなど、直接個人へつながる方法での連絡が来る事になるでしょう。銀行の場合には郵送による通知があり、指定日までに返済するように求められる場合もあります。

 

うっかりしていたのであれば、正直にその事を伝えて速やかに返済をしましょう。もしも支払うお金がないために、延滞する事になるのが前もってわかっているのであればその時点で連絡をして誠実に対応する事も重要です。もしも延滞したまま督促を無視し続けていれば、自宅に郵送で督促があったり、電話がかかってきたりするでしょう。そうであっても本人以外の人には用件を言う事はなく、あくまでも契約者本人とのやりとりになります。ですから、どうしても連絡がつかずに勤務先へ連絡してくる事があったとしても、滞納の件がすぐに知られる事はありません。また、かつて問題になったような怖い取り立てなども現在は絶対に行わないようになっています。

 

どんなに督促をしても返済がないようであれば、最終的には裁判所の許可を得てからの強制執行等もありますが、それまでには和解交渉の場を設けて話し合う機会もあります。そこまで来ると、信用情報にも記録されますので、当面新たな借金はできなくなってしまうでしょう。いずれにしても、延滞し続ける事にはなんのメリットもなく、自分を苦しめてしまうだけです。

 

延滞するとさらにお金がかかる

キャッシングの延滞には、20%の遅延損害金が発生します。ですから借り入れ金額が大きければ大きいほど延滞リスクもさらに大きく膨らむ事になります。借りた額に対する金利だけでなく遅延損害金までかかってしまっては、あまりにも代償が大きくなってしまいます。

 

遅延損害金は延滞日数分かかりますので、一日でも早く返済をする事がとても重要になります。延滞をしたら、督促される前に自ら連絡するのはもちろん、督促があればすぐに応じてまずはきちんと状況を説明しましょう。

 

延滞するとキャッシングは一旦停止

延滞し続けていれば、限度額が残っていようとも当然キャッシングの利用はできなくなります。次に利用ができるようになるのは、3か月きちんと返済した実績を作った後となります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日