限度額はとにかく信用第一

もしも自分が、今出会ったばかりの他人にお金を貸してほしいと言われたらどうするでしょうか。わかりましたといって多額のお金を貸す事はないと思います。

 

キャッシングを申し込む時は、相手はお金を貸すのが仕事ですからそういう事はありませんが、お金を貸してもちゃんと返してくれないような人にわざわざ貸す事はありません。ですから、その人が返済する力があるのかどうか、これまでの借金をきちんと返済してきた実績があるのかなどを調べるのは当然必要な事です。

 

最初の借り入れ限度額は少ないところから

キャッシングの審査では、申し込みをした本人に関する事を色々調べる事になりますが、その内容で借り入れ可能な限度額が決まります。

 

初めてのキャッシングの場合は当然まだ返済実績がありませんから、ひとまず小額の限度額からスタートする事がほとんどです。それでもきちんと毎回返済していれば、優良顧客となってさらに限度額の引き上げを提案される事もあります。

 

限度額はどのように決まるのか

キャッシングの利用の場合、まず希望する限度額を申し込みの時に申請します。それが小額であるならば審査には通りやすくなるでしょう。また希望額が高額になると、本人確認書類の他に収入証明書を提出する必要が出てきます。

 

消費者金融では50万円以上で他社での借り入れと希望額の合計が100万円以上になると、収入証明書の提出が必須になります。銀行では消費者金融とは適用される法律が違うのでその限りではありませんが、やはり資力に見合った限度額になるでしょう。

 

また、審査では勤務先への在籍確認が行われますが、社会保険に加入している事を書類で提示できる場合、会社に属している事が証明されてより信用度が増します。自営業の場合は収入を必ず証明しなければならず、限度額の大小にかかわりなく確定申告書の提示が必須条件になっています。

 

居住環境も審査に影響があります

申し込みの際に記載した住所に住んでいる事はもちろんの事、居住年数が長かったり、自己所有の家で住宅ローンを毎月きちんと支払われていたりするとより信用度が高くなります。そして、どういう理由でお金を借りたいのかも大切なポイントです。

 

もしもその目的が借金の返済だったりギャンブル資金だったりするならば、信用を得る事は難しいでしょう。以上のように、キャッシングの審査がスピーティーとはいえ、様々な観点で返済能力を判断しますので、いくら簡単に利用できるとはいっても、借り入れができる限度額はその人の状況によって違うのです。

 

確たる収入と信用、目的があれば、最初から多めの借り入れもできるかもしれませんが、初めてのキャッシングであれば、限度額は最少にしておいた方が無難でしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日