在籍確認でバレてしまう3パターン

必要に駆られて利用したキャッシングですが、やはり職場など周囲の人たちにはあまり知られたくありませんよね。周囲にキャッシングを利用していることがバレてしまう原因としては、「在籍確認」があります。在籍確認というのは、読んで字のごとく、キャッシングを利用する際に書いた申込書の勤務先に貴方が本当に在籍しているかどうかをキャッシング会社が確認することです。どうやって在籍確認をするのかというと、もう薄々嫌な予感がしているという方もいらっしゃるかも知れませんが、キャッシング会社が貴方の勤務先に直接電話を掛けて確認することが多いのです。「やめてくれ〜!」と思う方もいらっしゃると思いますが、この在籍確認というのはキャッシングを利用するために必要不可欠な作業です。

 

キャッシング会社は利用者に配慮してくれている

しかしながらキャッシング会社も、キャッシングを利用する方が周りに知られないように配慮をしてくれていることが多く、キャッシング会社の名前は伏せて個人名で電話を掛けてきてくれます。「なんだ〜。個人名で掛けてきてくれるのであれば、バレようがないじゃないか」と安心してしまいそうになるのですが、残念ながらそれでもバレてしまうパターンが3つあります。ひとつめは、キャッシングを利用したことがあり、在籍確認という作業を知っている方が電話に出てしまった場合です。普段あまり電話自体が掛かってこない職場や、個人から電話が掛かってくることが珍しいような職場ではその時点で怪しまれますし、在籍確認をご存知の方でしたらすぐに「キャッシングか?」とピンときてしまいます。

 

ふたつめは、貴方が電話の相手に住所や生年月日などを話しているのを周囲の人が聞いて、おかしいなと感づかれるパターンです。特に、最初に違う方が電話をとって貴方に代わってくれた場合、個人からかかってきた電話に自分の個人情報を話すというのは不自然ですし、「キャッシングかな?」と思われてしまいかねません。3つめは、リダイヤルからキャッシング会社だとバレてしまうパターンです。基本的にキャッシング会社は非通知で在籍確認の電話を掛けますが、最近では非通知の電話は繋がらないようにしていたり、掛かってきても取らないという会社も多いですよね。

 

そうなるとキャッシング会社も番号を通知して電話を掛けざるを得なくなり、番号を通知して電話を掛けたにも関わらず、誰も電話に出てくれないと着信履歴が残ってしまいます。その着信履歴を見て、職場のどなたかが電話を掛け直してしまうと、キャッシング会社からかかってきたということが丸分かりになってしまいます。

 

クレジットカードの在籍確認を装うという方法

ここまで読んで、「ダメだ、バレてしまう」と諦めモードになってしまった方に朗報があります!上にも少し書きましたが、キャッシング会社は、キャッシングを利用する方が周りに知られないように配慮をしてくれていることが多いのです。具体的には、あらかじめキャッシング会社に頼んでおけば、あたかも他の用事で電話を掛けてきたかのように装ってくれる場合があります。実際にあった例としては、「保育園のことでお話があります」と掛けてくれた場合があるとのことです。他に、異性から個人名で電話を掛けてこられると不倫を疑われるリスクがあるという場合にも、同性のオペレーターで対応してくれるところもあるようです。

 

在籍確認の本質は、その会社に本当に貴方が在籍しているかどうかを確かめたいというだけですので、周囲に知られたくないという場合には、事前にキャッシング会社にいろいろとお願いしてみることがおすすめです。キャッシング会社にお願いをしておいたけれど、それでもバレそうと不安な場合には、奥の手として、クレジットカードの在籍確認を装うという方法もあります。

 

キャッシングだけでなく、新しくクレジットカードを作る場合にも在籍確認の電話が掛かってくることがあるためです。あらかじめ周りの人に「クレジットカードを作ったから在籍確認の電話が掛かってくるかも」と言っておけば安心ですし、万が一バレそうになったときに「クレジットカードなんだ」と言えば周囲も納得してくれるはずです。どうしても在籍確認の電話を掛けて欲しくないときの最終手段としては、電話以外の方法で会社に在籍していることを証明する方法もあります。

 

キャッシング会社によっては、給与明細や社員証、健康保険等を使用して電話による在籍確認の代わりとしてくれるところもあります。どうしても電話が怖い場合には、このような電話以外の方法でも在籍確認をしてもらえるかどうか確認してみると良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日