キャッシング利用の証拠を残さないようにする工夫とは?

キャッシング利用をしている人で、周囲の人に利用していることを知られたくないという人は結構います。ましてや家族となると、その気持ちは一層なもののようです。キャッシング会社も、そのあたりの気持ちは理解していて、利用者が気持ちよくキャッシングできるような工夫をしています。

 

けれども、利用者側がキャッシング利用の証拠を残してしまうと、家族にバレてしまいます。細心の注意を払っていたとしても、意外なところからその事実は知られてしまうようです。以下では、家族にキャッシング利用がバレた“よくある”3つのケースを紹介します。

 

通帳を見られてしまうケース

キャッシングの返済方法は、振込みや口座振替、専用ATMの利用などさまざまな方法が用意されています。その中で、振込みや口座振替、インターネットバンキングの利用による返済方法は、通帳にその記録が記載されます。ここで挙げた3つの方法は、わざわざ外出する手間をかけることなく返済ができる方法です。大変便利ということで、近頃ではこれらの方法で返済をする人も増えています。けれども、世帯でお金を一括管理しているといった理由で家族に通帳を見られる可能性がある人は、これらの3つの方法による返済はお勧めしません。

 

通帳に取引の記録を記載されることなく返済する方法は、ATMを利用した返済方法になります。利用できるATMは、@店舗のものA提携先金融機関のものB提携コンビニのものと豊富に用意されています。ATMを利用した返済の場合、取引後に明細書が発行されます。取引の記録を残しておきたい人は、その明細書をしっかり保管しておきましょう。

 

ローンカードを見られてしまうケース

〈知られないようにキャッシング利用をしているのに、ローンカードを見られることなんてあるの…?〉と思う人もいることでしょう。しかし、ローンカードを見られてバレてしまったという人は、意外と多いです。よく聞かれるシチュエーションは2つ。ひとつめは、自分の部屋の中で出しっぱなしにしていて、家族に見られてしまったという状況です。自分の部屋なので家族は入ってこないだろうという油断が、その状況を作ってしまったようです、

 

ふたつめは、会計のときに家族に自分の財布を渡して、そこで見られてしまったという状況です。ローンカードを、財布に入れて管理している人は多いです。自分の財布を家族に託して会計をする習慣のある人は、銀行カードローンを利用するのもひとつの解決方法になると思います。銀行カードローンの中には、もともと持っている口座のキャッシュカードにローン機能を足せる商品が存在します。見た目はキャッシュカードのままですので、カードを見ただけではキャッシング利用をしていることはバレないでしょう。いずれにせよ、ローンカードの管理には十分に注意を払っておくべきだと言えそうです。

 

返済を滞納してしまうケース

返済期日を過ぎたにもかかわらず入金がないようならば、キャッシング会社は確認の連絡をします。第一報の場合、大抵は携帯電話やメールでその確認を行います。この第一報の段階できちんと返済をすれば、その後何かが起こることはありません。

 

返済の催促をする連絡をした後も返済をしない状態が続くと、キャッシング会社は自宅や勤務先に連絡をいれます。ただし、このときに〈○○キャッシング会社の者ですが…〉といような、キャッシング利用をしていることがバレるような電話はしません。さらに返済をしないようならば、返済勧告書や催促状といった郵便物を郵送します。この段階でも、郵便物に〈○○キャッシング〉のような一目でキャッシング会社だとわかるような表記はしません。キャッシング会社は利用者が気持ちよくキャッシングできるように、あらゆる面で工夫をしているからです。

 

けれども、普段はかかってこない電話や普段は届かない郵便物が頻繁にあるようになると、周囲の人も気づき始めるかもしれません。返済困難な状況になったら、放っておくのではなく、キャッシング会社に連絡を入れることです。後ろめたさがあるのはわかりますが、キャッシング会社も連絡をくれた利用者に冷たく対応するようなことはありません。連絡をくれた人には、状況をよく聞き、新たな解決策を提案してくれます。繰り返しになりますが、返済に困ったら、キャッシング会社へ電話をするのが一番です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日