キャッシングにおいて信用情報は最大の重要点

キャッシングにおいて信用情報はお金を借りたい人の情報をまとめ、実際にその人がお金を借りられる人なのか、貸してもよい人なのかを判断する材料として用いられるものです。キャッシングの申し込みをした人はもれなく全員がこの情報に登録され、たとえ他社の人間であってもこの情報は見られるものでありますが、登録されることはそんなに気にすることはありません。

 

キャッシングの借り入れをしていて、さらなる枠を追加してキャッシングを許容範囲を超えて借り入れしようとしたら、借り入れが止まることもあります。また、キャッシングの申し込み時に信用情報と申込者の情報を見比べて違う部分があったり、借り入れ、収入情報が正確に確認できないと、新たな枠の増加も期待できません。キャッシングを申し込む時は、すでに使っていないか、借り入れがない状態で申し込むのがベストだと言えるでしょう。

 

信用情報が綺麗な状態とは?

綺麗な信用情報というのは、以下の4点に集約されてくるのです。

 

  1. 過去2年間の間に延滞がない
  2. 過去5年間の間に事故がないまたは少ない
  3. 借り入れをしている金額が少ない
  4. キャッシングを継続して使っている

 

それでは上記4点の情報に関して、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

過去2年間の間に延滞がない

信用情報というのは、2年間の間保存されるので、過去2年間の間に延滞したことがあると、その時点でわかってしまいます。しかし、この延滞情報というのは全部保存されているわけではなく、2週間以上延滞したり、短い期間で複数回の延滞をしていると信用情報に記録されます。なぜ全情報の記録が行われないかというと、情報登録までにある程度の時間がかかるためです。つまり、情報が記録される前に返済を行えば情報は記録されない可能性もありますが、延滞を毎回してしまっていたりすると、たとえ短期間の延滞であっても記録されてしまいますから、キャッシングは細心の注意を払って借り入れしなければならないのです。それでも自分の情報が気になる方は、信用情報機関に開示請求をして情報を見ることをおすすめします。開示請求は少額でも行えるので、気になる方はやってみてもよいでしょう。

 

過去5年間の間に事故がないまたは少ない

延滞事故を起こしたままカードを解約したり、キャッシングの強制解約をされてしまったときなどは、その情報は返済しても5年間は残っているのです。この情報が残ってしまったら他社からの借り入れが難しいので、この間は借り入れできないということを覚えておきましょう。しかし、日本国内には信用情報機関はひとつではありません。ひとつの信用情報機関に登録されている情報を見られないで済む方法は、別の信用情報機関を使っているキャッシング会社に申し込むといった方法があります。

 

借入れをしている金額が少ない

借りている金額は少ないほうがよいです。というのは、返済できる確率があると考えられて信頼度が上がります。しかしながら、少額の融資をしてもらっていてさらに別途借りようと思ったら、再審査されます。

 

キャッシングを継続して使っている

キャッシング会社からすれば、借りて返している方というのは、「優良顧客」の部類に入ります。キャッシングを利用している履歴というのは、悪い印象は持たれないということなのです。一度もキャッシングを利用したことがない人というのは、優良顧客とはなりません。借りてもいないからです。キャッシングはキャッシング会社が提供しているサービスですから、そのサービスをきちんと使っている人というのは悪い印象はないのです。

 

これらの4点がキャッシングの信用情報を綺麗にするために必要なこととなります。自分の信用情報が果たしてどの程度のものなのかを把握するというのはとても大切なことなのです。

 

  • 信用情報は非常に正確
  • キャッシングを継続的に使っている人のほうが情報は良くなる
  • 開示請求は誰でもできる

 

まとめ

キャッシングを継続的に利用している方のほうが情報として優良顧客となるというのは意外かもしれませんが、実際、キャッシング会社から枠増額の書類が送られてくるときなどは、「優良顧客」と書かれていることもあります。継続的に利用しているということは、きちんと返済できている顧客と見られるからです。そのため、返済だけは滞ることなく、きちんと返済するようにしましょう。

金利手数料を安く抑える方法

金融機関でお金を借入する際に最も注目するのは「金利」という人は多いでしょう。もちろん他にも判断基準はありますが金利手数料の差というのは一番わかりやすいものです。業者の利益はこの金利手数料ですから、当然どの業者を利用しても発生します。必ず発生するといっても業者ごとに差があるのであれば金利手数料はなるべく低く抑えたいと思いますよね。しかし、各社ともに競争をしていますからほとんど金利に差が出せないような状況になっています。

 

金利にあまり差がないのであればどこで差をつけるでしょうか?実は各社ともに単純な金利の他に条件付きではありますが特典を用意したりと努力しています。条件さえクリアすれば通常よりもお得に融資を受けられる可能性があります。インターネット上では特典についても比較しているWEBサイトが沢山あります。知らずに損をしてはもったいないですから事前にリサーチしておきましょう。

 

無利息期間のあるお得なキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

特典を比較して自分にあう会社から融資を受ける

各社ともに様々な特典を打ち出しているのですが、インターネットのお陰で簡単に比較できるという事もあって様々な形の特典があります。細かな条件は異なるものの現在提供されている特典は大きく2つに分類する事ができます。

 

初回利用のみ一定期間金利手数料0円

テレビCMなどでも大手が宣伝しているのを見かけた事があると思います。初めてキャッシングを利用する人を対象に金利手数料を0円にするというサービスです。当然ですが金融機関ごとにキャッシングの上限金額や無料期間については差があります。中には30日間金利手数料がかからないといったサービスを展開してる会社もあります。キャッシング利用は初回が一番ハードルが高いですから、新規顧客の囲い込みを行う狙いがあるのでしょう。

 

継続利用することで会員特典を受けられるサービス

初回利用とは全く逆で継続してキャッシングを利用していると受けられるタイプのサービスです。一定期間以上キャッシングを利用してくれているという事は業者にとっては上客です。そこで継続利用していると金利が無料になるようなサービスが行われています。表示されている金利手数料に加えて無料期間を計算すると実は結果的にお得に利用できるなんて事も少なくありません。

 

まとめ

消費者金融系の大手の会社は殆ど金利手数料が並んでいる状態です。金利手数料が同じであればどこを利用しても大差がないと言って良いでしょう。しかし、サービスで差をつけようと努力をしていますからしっかり比較する事が大切です。特定の期間金利が無料のサービスを受ける際には、期間が過ぎた後は通常通り金利がかかることも忘れてはいけません。また、消費者金融系の金利を比較するだけでなく銀行の金利も比較してみることも大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日